VアップシェイパーEMS ライバル製品と比較!

シックスパッド(SIXPAD)と比較!

人気のEMSにはVアップシェイパーがあります。ライバル商品にはSIXPADと呼ばれるものがあるのですが、どこが違うのでしょうか。基本的にシックスパッドはVアップシェイパーよりも料金が高めに設定されています。見た目に関してはデザインが優れているものでCMでも一流選手を起用しているといった力の入れ具合が違うのが特徴です。
他の要素を比較するとスマートフォンを利用して簡単に操作できたり充電も簡単でUSBかコンセントで行なえます。

スレンダートーンと比較!

スレンダートーンとVアップシェイパーを比較するとこちらは周波数が少し劣っているのが特徴、アウターマッスルのみに効果があります。強さのレベルですが150段階まで調整する事ができるので強みです。
10種類ものプログラムを設定する事ができるので利用者に応じて使い分けが行いやすいといえます。充電は専用の充電器を使用する、2時間から3時間での充電とかなり早いのがメリットです。料金ですが若干安めの25380円で購入できます。

アブトロニックX8と比較!

アブトロニックX8は料金が14800円程度となっているのでVアップシェイバーに比べるとかなり安い金額で購入できます。機能を比較すると6つのメニューと10段階に変化するレベル調整を行うのが特徴です。身体レベルに合わせて細かく調整できるので多くの方利用できるでしょう。1分間で400回以上の腹筋効果を得られるのがメリット、装着するだけで効果を得られます。
90日間の返金保証もあるので使い心地がイマイチでも安心です。

バタフライアブズと比較!

バタフライアブズは腹筋マシンとして人気の商品でテレビでも話題を集めています。料金をVアップシェイバーと比較すると、初回限定価格の9800円で購入できるのでかなり安価な価格で利用できるEMSと言えるでしょう。送料は無料で30日間の返金保証を受け付けています。アメリカ政府機関FDAの認可を受けているので安心して利用できる商品です。
1日に同じ部位に連続5時間当てて使い続ける仕様をしているのでちょっと時間はかかります。
腹筋だけでなく脇腹や二の腕にも使える商品です。

もてケアと比較!

もてケアとVアップシェイバーを比較してみるとトレーニングパターンの多さが際立ちます。15種類のものが用意されていてヒップエクステンションやワイドスクワット、バーストアップといったものが利用可能です。形状が特殊で腹筋以外にウエストやヒップにも装着可能、脇腹にも取り付けができます。
販売価格は料金が18000円前後で購入できるのがVアップシェイバーよりも安価に購入できるのが魅力です。主にヒップ周りも鍛えたいときにおすすめと言えます。